おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日は(も?)支援センターへ。

ふたりとも、スタスタと歩いていったと思ったら、パズルのある場所へ。
まだ全然できないけど、興味はあるんだなあ~。
8ピースぐらいの少ないヤツでも、まだ形作るということができないので、
とりあえず木のパズル。それなら取っ手がついているし、ひとつひとつはめ込むだけなので。
最初のころ、うーやんは、場所はわかっているのにはめることができなくて
結構苦労していました。
だけど最近は、もう”ココ~。ココ~。”と、楽々とやってのけるようになりました。
のーやんも、以前までははめ込んで遊ぶことをしなかったけど、
最近はちゃんとはめて。以前はできなかった動物のパズルもできるようになりました。
なんだか嬉しいですねえ~。
良くある厚紙のパズルも、これから少しずつ練習させていこうかと思います。

そして。
うーやんがパズルに飽きて、どこかへ遊びに行っている間に、
少し月齢が上かな?という男の子が、牛乳パックでできたイヌで遊びはじめました。
そこへ、戻ってきたうーやんが、”アタシも~。”と、イヌを取ろうとしたら、
男の子が”イヤ~!!!”と、イヌの取り合いになってしまいました。
私もその子のママも、”ダメダメ!!”と、ふたりを引き離して。
・・・なんてやっていたら、”アレ?誰かと思えばおりくさん。”と知り合いのママに遭遇。
その男の子ママと友達だということ。”あ、すみません。”とか謝りながら。

その後、大型ブロックで道を造って遊んでいたら、その男の子たちも一緒に遊び始め。
最初のうちは、平和にそれぞれが遊んでいたのですが、
男の子とのーやんが、大型ブロックの取り合いをはじめました。
その闘いはすぐにのーやんが負け、”ふええ~。”と泣き。
それを見たうーやんが、のーやんの助太刀をするつもりだったのか、
男の子が持っていたブロックを奪おうとして、またまた取り合いに・・・。
でも、さすがに相手は少し上の男の子、
私たちがふたりを引き離したのも手伝って、ブロックは男の子に手に。
うーやん、”これは勝てない。”と思ったのか、再び闘いを挑むことなく泣き崩れ。
”ヤダヤダ!”と泣きながら、イスのカバーを噛んでいました。
最初は”そんなところ噛んじゃダメだよ!”と、噛むのをやめさせたのですが、
”・・・そうか!悔しくて噛んでるのか!”と思って、少し気の済むまで噛ませました。
それで少し気が済んだのか、私のヒザの上に。
”みんなのブロックなんだから、お友達が持ってるの取っちゃダメだよ。”と言い、
”ほら。もうみんな遊んでるよ。”と何度か言うと、うーやんも遊びはじめました。

”なんだ~。いつの間にか強くなったねえ~!”と、私の知り合いのママさん。
もう~・・・いつものーやん、負かされっぱなしです・・・。
うーやんは意外と優しいところがあって、
以前ものーやんが誰かとオモチャの取り合いをしているのを見たときに、
自分も助太刀に行って、いらぬケンカをすることがあるんですよね。
のーやん自身は、あまり取られたことに執着はない(いつものことだから?)みたいだけど。

こういうでことで痛みや悔しさを経験しながら、
人に優しく、柔軟な考え方ができる子になってくれればいいなあ~、という親の願い。

それにしても、その子が知り合いのママさんのお友達で良かった。



スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/851-c56d58bb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。