おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
のーやん、なかなかの運の良さの持ち主です。

以前、公園で偶然、野球のボールを見つけました。
”あ?!よかったじゃん。ボールじゃん。”
のーやんもよほど嬉しかったようで、大事そうに持っていました。
投げて遊べばいいのに・・・。

でも、そういうときやっかいなのは、うーやんも欲しがりケンカになること。
買えるものなら”仕方ないもう一つ。”となるのですが、
何せ拾いもの・・・。そうそう同じもの落ちてることはなく、
たいていのーやんが泣かされます。
しかしそのときは、”もしかして散歩している犬の遊びボールかも?”と思い、
まあ、落ちてるものだからキレイなはずはないので、
車に行くまでに持たせて終わりにしました。

この間も、公園に遊びに行ったとき、
どこかの小学生がお父さんとキャッチボールをしていて、
”あのお兄ちゃん、ボール投げるの上手だねえ。”なんて話をしていたら
のーやんが、”ボール、ボール。”とボールで遊びたいと言い出しました。
”でも、今ボール持ってきてないからさ~。また今度ね。”と謝り、遊ばせていたら
”ボール、あった!!”と、小さなボールを持ってきました。
”あれ?よかったじゃん~。”めちゃめちゃ嬉しそうなのーやん。
また取り合いになりそうだったので、
”じゃあ、さっきのお兄ちゃんみたいにキャッチボールしたら?”と提案。
すると、ふたりして納得したのか?
まあ、キャッチボールにはほど遠かったけど、投げ合いしたりして遊んでいました。

そして今日。
公園に行って、のーやんが乗っている三輪車を私が押していたとき、
”あれ?何か落ちてる・・。”とジッと見てみると、小さなバイクのオモチャ!
”ちょっと、のーやん。バイクが落ちてるよ!”
拾って嬉しそうなのーやん。アンタもついてるねぇ~。

その少し前に、うーやんと一緒に歩いていたら
うーやんが”あ・・。”と足を止めたので、何だ?と思ったらドングリ。
うーやんはドングリを3つ、見つけて拾っていました。
そして、大事そうに持っていたのですが、ちょうど滑り台をやるときだったので、
”滑ってるときに落ちちゃうかもしれないからポケット入れておけば?”
最近、ふたりともズボンのポケットにオモチャなどを入れるのがブームなのですが、
うーやん、一生懸命ポケットにドングリを入れていました。
そして”ドングリ、持ってる~!”と嬉しそう。

そのときは、のーやんは夫と一緒にほかの場所を散歩していたので、
きっとあとでドングリの攻防が始まるんだろうな・・、と思い、
のーやんとドングリ探しをしました。
”ドングリないねえ・・・。”などと言いながら探していたら、
うーやんが”アタシ持ってるよ!”と自慢げにポケットからドングリを出したものだから、
さっそく取り合い・・・。
のーやんがドングリを奪うことに成功し、走って逃げていたら転んでました。ププ。
”ドングリをうーやんに返しなさい!イヤだったら、さっき拾ったバイクを渡しなさい!”
すると、”ハイ!”とバイクを差し出すのーやん。
ドングリの方が勝つのか・・・。
うーやんも”ヤダ~!うーやんのドングリっっ!!”と、バイクを拒否。
ドングリ大人気・・・。

改めて”ドングリを一緒に探そう。”ということで、のーやんを納得させ。
なんだかんだと公園を一周して探して、やっとひとつ、ふたつ。
”この木がドングリの木か?”と、その周辺を見ていたら、
その付近に座っていたママさんが、”これ、どうぞ。”と、ひとつくれました。
3つのドングリを収穫したのーやん、納得したのか、うーやんの元に戻っていきました。
もちろんしっかりとポケットに入れて。


そういえば、私も昔、1万円札を拾ったことがあるんですよね。
車で走っていたら、ひら~っっと、一万円札らしき紙が飛んでいたのを目にして。
急いで確認しにUターンして戻っちゃいましたよ。
そしたら本当に一万円札だったので、拾っちゃいました。
幸運は後にも先にもこれ、一度きりだろうけど・・・。

のーやんも、その血を引き継いだのかもしれない・・・。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/889-c8cf3705

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。