おりくの覚書

2008年6月双子の母になった育児記録。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
私がとっても恐がりなので、”せめて子どもは・・・。”なんて願いをかけていたけど、
やっぱり二人とも恐がりなようです。

ウチには「バーキン」という悪者がいます。
地方テレビCMで”パンパカパンツ”というブタのキャラクターがあって、
そのブタの歌が、いろいろ、お風呂とか買い物とかあるのですが、
その中で、歯磨きの歌があります。
”しっかりと歯を磨かないと、ムシバーキンに歯を溶かされるぞ~。”というヤツで。
二人ともパンパカパンツが好きなので、
”歯を磨かないと、ムシバーキンにやられるよ!”と、脅して歯磨きをさせていました。

しかしキャラクターのムシバーキンではかわいすぎるので、
映画「プレデター」のポスターを見せ、”これが本当のバーキンだ!!”と脅したら
”コワイ~!!”
ムシバーキンは、本物の悪者になったのでした。

それからムシバーキンは進化を続け、
床に落ちてるものを口に入れたりすると、お腹の中で悪さをしてお腹が痛くなる、
オムツを替えたがらないときにオシリをガジガジと食べられて痛くなる、
お昼寝をしないを見つけられると、真っ暗闇の世界に連れて行かれる・・・・
などと、どんどんとエスカレート。

のーやんは、そんな話をすると、”コワイ~。”というので、
”じゃあ、ちゃんとしないと。”というと、それなりに素直にやってくれます。
昼寝の時などは、”あ!!!バーキンが今、窓の外にいたよ!!”というと、
”コワイ、コワイ~。”と、急いで寝転がったりします。

一方うーやんは。
気分屋だからか?強がりか?
自分の気分が、遊んでいるときなどテンションがあがっているときには、
”フフ~。”と笑って、全然気にかけていない体を装ったりしています。
プレデタームシバーキンを”見たい~。”と言ってきたり。
最初のころは、強がってるのがわからなくて、
”ホントに怖くないのかな?”と思ったりもしましたが、
妙に手をつなぎたがったりするので、”なんだよ、ハッタリかよ!”
先日も、昼寝の時、寝転がっても全然寝る気なしで遊んでいるので、
”寝転がってるだけじゃ、バーキンに寝てないのがわかっちゃうよ!連れてかれるよ!”
というと、ケラケラ笑ってるくせに、布団を頭から被って隠れたりして。

しかし、泣いたときや怒られたときなどは素直に”コワイ。”と言います。
今日、家の中で転んで段差に顔をぶつけて泣いているとき、
何とか痛さから気をそらそうと、
携帯電話に録画しておいたパンパカパンツの歯磨きソングを”見ようか?”
のーやんも”見たい~。”というし、二人に見せていたら、
うーやんも泣きやんで楽しんでみていたので、
良かった良かったと思ったのもつかの間、いきなりまた泣き出してしまいました。
のーやんもきょとんとした顔。
”なに?何したの?”と聞くと、”バーキン、コワイ~。”
そうか、そうか。本当はそんなに怖かったのね。

なかなか女の子は扱いが難しいですね~。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://oriku.blog6.fc2.com/tb.php/890-a2e52c07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。